3位決定戦 bronze medal match Pfannkuche(GER)-Kovacevic(SRB)

決勝 final match  Murdzia(POL)-Kolcak(SVK)

Murdziaさん(水色のシャツ)がWCSCの個人・国別に続いてSolving Showでも優勝しました!

Mr. Murdzia (wears blue shirt) won the cup following on WCSC individuals and teams.

 

名前の横は国名とWCSC個人順位。(6位の方は出場を辞退しました)
制限時間は1分。自身が正解するか、相手が誤答するかで1ポイント。
準決勝まで2ポイント先取。3位決定戦は3ポイント先取。決勝は4ポイント先取。

Time limit is 1 minute.  1 point is given to participants when he gives a correct answer or competitor gives a wrong answer

In 1st round and semi-final, participants who get 2 points will win. In bronze medal match, 3 points and in final match, 4 points.

こんな風に画面が表示されます。制作は広瀬行夫さん。この出題画面はウェブ上にあります。

Question chessboard is presented on the screen.  This system was created by Mr. Yukio Hirose.

1回戦

Murdzia-Seliwanow

Feoktistov-Podinic

Kovacevic-Zude

Mista-Caillaud

Pfannkuche-Piorun

Almammadov-Iskandarov

Mukoseev-Pervakov

Kolcak-Tummes

20日の夜にはSolving Showが開催されました。これは、WCSC上位16名がトーナメント形式で争う、早押し解答競技です。毎回人気を博するイベントだそうです。

Sloving show was held at the night of Sep. 20th. This is fastest finger first in which WCSC top 16 participants compete.

楽しみにしている方々が続々と集まってきます。

Many visitors came to see the game.

早押しボタンの制作・設営・操作は香川高等専門学校の奥山真吾・准教授と谷口竜輝さん(5年)にご協力いただきました。

The button for fastest finger first was created, set, and controlled by  associate professor Okuyama and  Mr. taniguchi in Kagawa technical college

出題・審判は若島委員長。

出題される作品は既発表作で、不公平にならないように、古くてそれほど有名ではない作品を使っているそうです。

Question master and judge was Mr. Wakashima. The questions were previously-stated and not famous very much.

lectureが終わったあとも、駒の種類を確認中。「馬」を教えると、「どこにもこの文字がないよ!」と言う海外参加者多数。

Even after the lecture, participants confirmed the pieces. They couldn’t find the letter of “Uma”.

どうぶつしょうぎ・将棋・詰将棋全て1番乗りだったベルギーのOomsさんが、無駄合について質問をすると…。

Mr. Ooms who became first to solve Dobutsu-shogi , shogi, and tsume-shogi made a query about Muda-ai…

若島委員長は例題を使って説明を始めました。

Mr. Wakashima explained with an example.

有名な古い詰将棋を解説しています。

He explained famous old tsume-shogi.

橋本哲さんとフランスのMichel Caillaudさんの貴重なツーショット。

Mr. Satoshi and Mr. Michel Caillaud– golden pair.

事前に日本人参加者やスタッフが作った盤面曲詰「KOBE」をグループに分かれて解いていきます。

Praticipants were divieded into some groups and started solving kyoku-zume “KOBE”.

日本人参加者は各グループにアドバイザーとして加わりました。解答手順は教えませんが、駒の動きを確認したり、手筋のアドバイスを行ったりしていました。(「まず俺が解けないよ~」と嘆く日本人参加者も…)

Japanese participants joined as advisers. They didn’t tell the process of solving tsume-shogi but tell how to move pieces and so on.

(Some Japanese participants moaned “At first, I cannot solve these tsume-shogi…”)

 小林グループ Kobayashi group

 太田グループ Ota group

 こちらは海外参加者だけで挑戦! Only foreign participants!

 吉井グループ Yoshii group

 相馬グループ Soma group

 橋本グループ Hashimoto group

 井上グループ Inoue group

 屋並グループ Yanami Group

 則内グループ Sunouchi group

 海外参加者グループに若島委員長がアドバイス。 Mr. Wakashima gave some advices to foregin participants.

解答用紙は若島委員長が作ったもの。符号以外は○で囲めば答えられるようになっています。
(でも玉を書き忘れたようです…)

Answer sheet was made by Mr. Wakashima. Participants have to only circle the name of pieces.

実際に解くその前に…。

若島lectureに聞き入る参加者の表情をご覧ください。

Before solving in practice, please look at the expressions of participants listen attentively to the lecture.

     

19日の夜は、若島実行委員長によるレクチャーが行われました。

Tsume-shogi lecture by Mr. Wakashima was held on Sep. 19th evening.

昼の将棋レクチャーに参加していた人たちは早速駒を並べています。

participants who studied shogi during the daytime already lined shogi pieces

駒の動かし方が書かれた紙を見ながら。

studying how to move pieces.

講師は若島実行委員長。レクチャーは詰将棋の歴史、専門誌の紹介から始まりました。

The lecture began with the history of tsume-shogi and introduction of specialized magazines.

詰将棋のルール説明。チェスは先手が白、後手が黒なので、逆になります。

Introduction of the rule of tsume-shogi. Attacking side is black and the defecting side is white.

At chess, attacking side is white and defecting side is black–opposite.

チェスプロブレムとは違って、詰将棋は先手(攻方=the attacking side)が必ず王手をしなくてはいけません。
「ultraschachzwang」は必ず王手しなくてはならないという、チェスプロブレムの特殊ルールのひとつです。

Unlike chess problem, the attacking side’s moves must be checks at tsume-shogi. Like ultraschachzwang.

合駒の説明。詰将棋では、盤上にない駒は全て相手の持ち駒として扱います。

Introduction of “Aigoma”. Pieces which aren’t on the shogi board are handled as defector’s pieces in hand.

 

無駄合の説明と、その例示局面。このあたりからちょっとややこしくなってきました。

Introduction of Mudaai.

余詰やキズといった、専門用語の説明も。

Introduction of Yozume and Kizu.

そして、趣向詰の紹介。煙詰、龍鋸、馬鋸などが紹介されました。写真は裸玉1号局として有名な伊藤看寿作(将棋図巧98番)。

ここからは実際に参加者が詰将棋を解いてみました!(続く)

Introduction of Shuko-zume, like Kemuri-zume, Ryu-noko, and Uma-noko.

Here shows the tsume-shogi famous for the 1st Hadaka-gyoku tsume-shogi (Only  the defensing side’s king  is on the board) composed by Ito Kanju .

From now, participants solved tsume-shogi in practice!

受付を見守る委員長

president keeping his eyes on registration desk

審判にプリンターの存在を伝える委員長

President told the judge where a printer is.

Session中

During the session

Quick Composing中

During Quick composing

Open Solving中

During Open Solving

控え室の委員長

President at the staff room

待機中

 

羽生−マキシム戦

During the match between Mr. Habu and Mr. Maxime

橋本上田lecture

During the lecture of Mr. Hashimoto and Mr. Ueda

Many kinds of portable chessboard and… banana!